顧問のご紹介 顧問のご紹介

分子整合医学美容食育協会 特別顧問

山田豊文 氏
yamada toyofumi

杏林予防医学研究所 所長
米国公益法人ライフサイエンスアカデミー 理事長
日本微量元素学会、日本マグネシウム学会、日本抗加齢医学会、日本臨床環境医学会、日本ビタミン学会、日本絶食療法学会各会員他

細胞の機能を、細胞自身が求める極限にまで高める栄養素(環境)を提供することにより、人は誰でも最高に健康に生きることができる。それこそが予防医学・治療医学のベースになるという独自の理論「細胞環境デザイン学」を提唱。
自身の理論を啓蒙すると共に、幼児教育、医療、美容、スポーツなど、さまざまな分野でもこの理論を展開し、多くの有名アスリートや芸能人、政治家など各界の著名人からも絶大なる信頼を得ている。また、その理論を日本に広めていくための人材を育成する「杏林アカデミー」を2013年より開講している。
主な著書に『なせ、マーガリンは体に悪いのか?(廣済堂出版)』、『「老けない体」は骨で決まる』(青春出版社)、『食べない人は病気にならない』(幻冬舎)、『細胞から元気になる食事』(新潮社)、『病気がイヤなら「油」を変えなさい!』(河出書房新社)、など多数あり、韓国や台湾、中国でも翻訳されている。

山田豊文

代表的な著書

「食」を変えれば人生が変わる

私たちの体は全て食べたもので出来ている。

しかし、欧米的な食生活への変化や間違った 栄養知識の蔓延で心や体に異常が現れ始めた。

そんな状況をリセットし一〇〇歳まで健康に 生きる方法とは?一流アスリートも栄養指導する著者による「食」バイブル。

購入はこちら

脳がよみがえる断食力

一流アスリート、芸術家、経営者…成功者がこぞって実践する山田式ファスティングとは?

脳の飢餓状態が五感を研ぎ澄まし、あらゆる機能を飛躍的にアップさせる。

購入はこちら

細胞から元気になる食事 (新潮文庫)

肉や牛乳、脂肪の過剰摂取で生活習慣病が急増、スポーツ選手のケガや故障も目立ち始めた。

玄米や野菜、イモ類、豆類、海藻類中心の食生活で、体内の炎症を抑え、解毒能力を高める、予防医学の知恵。

これまでの栄養学は間違っている!ダイエットだけでなく身体の解毒効果の高い、山田式“断食”法も紹介。

購入はこちら

病気になりたくない人はこうしなさい!

各界の一流アスリートも実践!体と脳を蘇らせる「予防医学」の専門家の山田豊文が目からウロコの 「病気にならないための方法」を大公開!

購入はこちら

病気がイヤなら「油」を変えなさい!

NY市・飲食店での使用全面禁止、ヨーロッパ・削減運動推進、日本・規制なし…。

世界が注目する危険な油“トランス脂肪”を、それでもあなたは摂り続けますか?「正しい油」を 摂れば、病気はみるみる改善する!予防医学の専門家が教える、病気にならない油の選び方。

購入はこちら

決め手は油!頭が良くなる脳内デトックス

脳の60%は「油」でできているって知っていましたか?

頭の良さを左右する脳の機能は、マーガリンや乳製品、ハンバーグといった食べ物に含まれる油を変えることで飛躍的にアップするのです。

子どもの知能を高め、大人の脳を活性化させる山田式食事法の決定版!

購入はこちら

PAGE TOP