ファスティングブログ ファスティングブログ

「間違っている食生活を指導したい」 2017年11月東京二級検定受講者の声

カウンセリング実践講習講義での青木さん(左)




リハビリテーションのお仕事をされている青木祐二さん。
施術のお仕事をされている方の多くが
「外側からではなく身体の内側から改善していく必要を感じます」

と仰っておられます。青木さんもその一人です。

「ファスティングの良さは、自分を見つめ直すことができる。

それはあ食生活や自分の身体のことや人生観のようなことも。

ファスティングを経験したことによって、『食べないといけない』という

概念は必要ないということに気づかされました。

また、ファスティング中の頭痛や復食での失敗を通して

食べる物を選択する大切さを学ぶことができました。

これからはあ、患者さんに対して間違っている食生活について

きちんとした指導をしていきたいです」










検定の申し込みはコチラ↓

2018年1月9日

PAGE TOP